あしたのオープンソース研究所とは

オープンソース・ソフトウェアとは?

 「オープンソース」という言葉を耳にしたり、目にしたことがある方も多いことでしょう。オープンソースとは、読んで字の如し、プログラムのソースコードが公開されたソフトウェア資産のことで、無償で再配布できるもの、再配布に際してソースコードを添付しなければならないもの、再配布に際してソースコードに改編を加えてはならないものなど、いくつかのライセンス条件がありますが、おおむね、自由に利用することができ、自分たちの開発するシステムに組み込んで使うことができます。

必要な機能はオープンソースで実装することが当たり前に

 オープンソース・ソフトウェアとは、WebサーバーやDBサーバー、フレームワークなど、ある機能を部品化したものであり、これを自分の開発ターゲットに組み込むことで、手軽に質の高い機能を実装することができます。
 ソフトウェアの部品化が進んだ現在においては、すべてをプログラミングで作りこんでいくのではなく、必要な機能に関してはあらかじめオープンソース・ソフトウェアで実現可能かどうかを調査・検討し、ブロックとして開発ターゲットに組込んでいく、という手法を採るシステムインテグレータやソフトウェア開発会社が増えつつあります。
 これにより、開発スピードの向上やコストの削減を実現することができます。また、オープンソース・ソフトウェアは世界中のユーザーによって評価され、そのフィードバックを受けて改良が進められていくという性質から、信頼性に関しても一定以上のレベルが維持されています。

世界中のオープンソース・ソフトウェアをいち早く紹介すること

 こうしたオープンソース・ソフトウェアは世界中に無数と言っていいほど存在しており、玉石混淆の状態で増えつつあります。《あしたのオープンソース研究所》は、これから注目されるであろう海外のオープンソースソフトウェアを日々渉猟し、サイトを日本語訳することで、みなさまにいち早くご紹介することを目的とした試みです。これによって我が国のソフトウェア開発のレベルアップに貢献するとともに、さらなるオープンソース・ソフトウェアの活性化に向けた一助になりたい ―― そんな思いを持って、私たちは日々、世界中のオープンソースと向きあっています。

当サイトはリンクフリーです。  リンクについて詳しくはこちら。

http://twitter.com/ashitanoken   View ashitanoken's profile on slideshare