翻訳で読みたいオープンソース文書を募集します

「あしたのオープンソース研究所」では、日本語で読みたいオープンソースソフトウェアの文書を募集しています。

「このオープンソースの技術文書を日本語で読みたい。」「このユーザーズガイドを翻訳してほしい。」そんなご希望があれば、"あしたの研"までお知らせください。"あしたの研"では、毎月1件のペースでオープンソースソフトウェア・プロジェクトを選んで紹介しています。紹介するプロジェクトは前月の座談会で選考します。ご応募くださった翻訳希望は選考の対象とさせていただきます。

  • 翻訳できるプロジェクトの件数が限られていますので、すべてのご希望におこたえできないことをあらかじめおわびします。
  • 翻訳対象のプロジェクトや文書は新しくなくてもOKです。「自分がおもしろいかどうか」という基準で参加者全員で協議して決めてます。
  • ソフトウェア自体のUIの日本語化は現在行っておりません。
  • 翻訳プロジェクトに選ばれた場合、応募者(推薦者)の方を座談会にお招きしてプレゼン(そのOSSのPR)をお願いする場合があります(義務ではありません)。
  • 原文の著作権保有者への連絡と翻訳許可の取得交渉も"あしたの研"で行っています。

 

ご応募をお待ちしています。

応募先

記入項目

  • お名前
  • 連絡先メールアドレス
  • 翻訳を希望するオープンソースプロジェクト
  • 特に翻訳が必要な文書(もしあれば)
  • 日本語化を希望する理由(長くなってもOKです)