ダウンロード

現在、Apache CouchDB の以下のリリースをダウンロードできます。

最新のリリース

0.9.1

ファイル

変更点

  • さまざまなバグの修正(ビルド・システム、設定、統計情報報告、データベースコア、外部ハンドラ、Futon インタフェース、HTTP インタフェース、JavaScript ビュー・サーバー、およびレプリケータ)。

0.9.0

ファイル

変更点

本リリースには後方互換性のない変更が含まれています。

  • モジュール構成。
  • ドキュメントおよびビューへのアクセスのパフォーマンス強化。
  • レプリケーション・プロセスの耐障害性を向上。
  • レプリケーションでバイナリ添付ファイルをストリーム。
  • 管理者ロールと基本認証。
  • ドキュメント内の有効性確認関数。
  • 開発者によって制御されたコンテンツタイプとしてドキュメントとビューをレンダリングする show および list 関数。
  • 外部プロセス・サーバー・モジュール。
  • Futon からの添付ファイルのアップロード。
  • ビュー、リスト、表示、ドキュメント、および添付ファイルの各リクエストのためのEtag。
  • ビルド、システムとの統合、およびポータビリティに関するさまざな改良。

0.8.1-incubating

ファイル

変更点

  • さまざまなバグの修正(レプリケーション、圧縮、HTTP インタフェース、および JavaScript ビュー・サーバー)。

0.8.0-incubating

ファイル

変更点

本リリースには後方互換性のない変更が含まれています。

  • コアライセンシングを Apache Software License 2.0 に変更。
  • コアのビュー・エンジンとストレージ・エンジンのリファクタリング。
  • インクリメンタルな map/reduce ビューのサポートを追加。
  • データベース・ファイル形式を変更。
  • Web 管理インタフェースの Futon を大幅に改良。
  • システムとの統合とポータビリティに関するさまざまな改良。
  • Erlang の inets HTTP サーバーの代わりに Mochiweb HTTP サーバーを使用。
  • SpiderMonkey は今後 CouchDB に含めず、外部の依存関係として扱う。
  • 「すごい」ハックを追加。

リリースファイルの検証

ミラーサイトからファイルをダウンロードしたときは、MD5 チェックサムと SHA チェックサム、さらに Apache のメインサイトにある OpenPGP 互換の署名を検証してください。KEYS ファイルには、リリースの署名に使われた公開鍵が収められています。これらの公開鍵のアイデンティティについては、信頼の輪 (web of trust) を使って確認することを勧めます。

OpenPGP 署名は次のようにしてチェックします。

gpg --verify apache-couchdb-*.tar.gz.asc

MD5 チェックサムは次のようにしてチェックします。

md5sum --check apache-couchdb-*.tar.gz.md5

SHA チェックサムは次のようにしてチェックします。

sha1sum --check apache-couchdb-*.tar.gz.sha