Apache を Reverse Proxy として使う設定

Patrick Antivackis による。

次に示すのは、CouchDB 用に Apache を Reverse Proxy として使うための VirtualHost の設定です。proxypass ディレクティブで nocanon オプションを使用するには、少なくとも configure 時に --enable-proxy オプションと --enable-proxy-http オプションを有効にしてビルドした Apache が必要で、さらに Apache のバージョンは 2.2.7 以降である必要があります。

<VirtualHost *:80>
   ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
   DocumentRoot "/opt/websites/web/www/dummy"
   ServerName couchdb.localhost
   AllowEncodedSlashes On
   ProxyRequests Off
   KeepAlive Off
   <Proxy *>
      Order deny,allow
      Deny from all
      Allow from 127.0.0.1
   </Proxy>
   ProxyPass / http://localhost:5984/ nocanon
   ProxyPassReverse / http://localhost:5984/
   ErrorLog "logs/couchdb.localhost-error_log"
   CustomLog "logs/couchdb.localhost-access_log" common
</VirtualHost>

Wout Mertens のコメント:Apache 2.2.8/Solaris で上の設定を試してみましたが、多くのテストが失敗しました。nocanon ディレクティブを削除すると、失敗するテストの数は減りました。今のところ私は Apache をアップグレードできる立場にないため、これより新しいバージョンでのテストは行っていません。

last edited 2009-03-09 17:46:03 by WoutMertens