OSX へのインストール

MacPorts を使って CouchDB をインストールするには、次のようにするだけです。

$ sudo port install couchdb

依存するパッケージで必要なものはすべて MacPorts がインストールしてくれます。CouchDB が依存するパッケージの一部を MacPorts を使ってすでにインストールしている場合には、CouchDB のインストール後に、次のコマンドを実行し、古いパッケージがないかどうかチェックしてアップグレードします。

$ sudo port upgrade couchdb

これで、新しいバージョンが入手可能な場合には、依存するパッケージが再帰的にアップグレードされます。OS が管理するサービスとして CouchDB を実行するには、プロジェクトに付属する launchd 構成をロードします。具体的には次のようにします。

$ sudo launchctl load -w /opt/local/Library/LaunchDaemons/org.apache.couchdb.plist

CouchDB が起動し、[WWW] http://127.0.0.1:5984/_utils/index.html から CouchDB にアクセスできるようになります。また、再起動後も (-w フラグを指定しているので) CouchDB が自動的に起動するようになります

ports コレクションのアップデート。port ファイルのコレクションをアップデートし、入手可能なパッケージの最新のバージョンが反映されるようにする必要があります。port ツリーをアップデートするには、次のようにします。

$ sudo port selfupdate

次に、すでに説明したインストールの手順を実行します。

依存するパッケージ - Erlang

次のようなエラーが発生して Erlang のビルドに失敗することがあります。

Command output: megaco_flex_scanner_drv.flex:31: unknown error processing section 1

この場合は、flex をアップグレードする必要があります。詳細については、[WWW] http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=465039 を参照してください。

CouchDB の開発者向けビルドの典型的方法

$ svn co http://svn.apache.org/repos/asf/couchdb/trunk couchdb
$ cd couchdb
$ ./bootstrap && ./configure
$ make
$ sudo make install

非公式なバイナリパッケージ

CouchDB をちょっと使ってみたいけれど、コマンドラインからインストールするのは面倒だという場合には、MacOS X 10.5 Leopard および Intel Mac のみを対象とした非公式のバイナリパッケージ [WWW] http://janl.github.com/couchdbx/ を利用できます。

last edited 2009-06-08 12:27:01 by PerEjeklint