[ステータス]メニュー

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックします。

画面左のサブメニューには以下のリンクが表示されます。サブメニューでは、 Endian UTM Appliance のさまざまな機能に関する詳細なステータス情報を参照できます。

  • [システムの状態] - サービス、リソース、アップタイム、カーネルに関する情報
  • [ネットワークの状態] - ネットワークインターフェースの設定、ルーティングテーブル、ARP キャッシュの状態
  • [システムグラフ] - リソースの使用状況のグラフ
  • [トラフィックグラフ] - 帯域幅の使用状況のグラフ
  • [プロキシグラフ] - 過去 24 時間の HTTP プロキシアクセス統計情報のグラフ
  • [アクティブ接続] - 開かれているすべての TCP/IP 接続の一覧
  • [OpenVPN アクティブ接続] - すべての OpenVPN アクティブ接続の一覧
  • [SMTP メール利用状況] - SMTP プロキシフィルタ統計情報の 1 日、1 週間、1 月、1 年のグラフ
  • [メールキュー] - SMTP サーバのメールキュー

以下では、各リンクについて順に説明します。

[システムの状態]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[システムの状態]をクリックします。

この画面には、以下のセクションがあります (各セクションは、タブを使うか、または画面をスクロールすることで表示できます)。

[サービス]
Endian UTM Appliance にインストールされているすべてのサービスのステータスが表示されます。該当する機能が有効になっていないサービスは、[停止中]と表示されることがあります。
[メモリ]
Linux の free コマンドの出力です。最初の棒グラフには合計使用済メモリが表示されます。Linux カーネルはすべての利用可能な RAM をディスクキャッシュとして使うので、稼働時間の長いシステムでパーセンテージが 100% 近くになるのは異常ではありません。2 番目の棒グラフにはプロセスによって使われている実際のメモリが表示されます。ディスクキャッシュに利用可能なメモリをいくらか保持できるよう、パーセンテージは 80% 未満になっているのが理想です。この値が 100% に近付くと、アクティブなプロセスがディスクにスワップされるので、システムの動作は遅くなります。このような場合は、RAM の増設を考慮する必要があります。3 番目の棒グラフには、スワップの使用状況が表示されます。稼働時間の長いシステム、特にすべてのサービスが常に同時に使われるわけではないシステムでは、いくらかスワップが消費されているのは異常ではありません (その場合でもパーセンテージは 20% 未満である必要があります)。
[ディスク使用状況]
Linux の df コマンドの出力です。各ディスクパーティション (デフォルトの設定でインストールした場合には //boot 、および /var) の使用済容量が表示されます。 //boot はほとんど変化がないのに対し、 /var はシステムの使用とともに増加するのがふつうです。
[アップタイムとユーザ]
Linux の w コマンドの出力です。現在の時刻、システムが再起動せずに稼働している期間、システムに現在ログインしているシェルユーザの数 (通常は 0 のはずです)、および過去 1、5、15 分のシステムの平均負荷が表示されます。システムにログインしているシェルユーザがいる場合には、該当するユーザに関する情報 (ログイン元のリモートホスト名など) も表示されます。
[ロード済モジュール]
Linux の lsmod コマンドの出力です。ロードされているカーネルモジュールが表示されます (この情報は熟練ユーザ以外にはあまり意味がありません)。
[カーネルバージョン]
Linux の uname -r コマンドの出力です。カーネルのバージョンが表示されます。

[ネットワークの状態]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[ネットワークの状態]をクリックします。

このページには、Linux のコマンド ip addr show (イーサネットインターフェース、ブリッジ、仮想デバイス)の出力、ネットワークアダプタの状態 (表示可能な場合)、ルーティングテーブル、および ARP キャッシュ (ローカル LAN の MAC / IP アドレス) が表示されます。

[システムグラフ]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[システムグラフ]をクリックします。

このページには、各種のリソース、すなわち CPU、メモリ、スワップ、ディスクの過去 24 時間の使用状況を示すグラフが表示されます。グラフをクリックすると、該当するリソースの過去 1 日、1 週間、および 1 年の使用状況を示すページが新しく表示されます。

[トラフィックグラフ]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[トラフィックグラフ]をクリックします。

このページには、過去 24 時間のトラフィックグラフが表示されます。グラフをクリックすると、該当するインターフェースの過去 1 日、1 週間、および 1 年のトラフィックグラフを示すページが新しく表示されます。

[プロキシグラフ]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[プロキシグラフ]をクリックします。

このページには、過去 24 時間の HTTP プロキシアクセス統計情報を示すグラフが表示されます。

[アクティブ接続]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[アクティブ接続]をクリックします。

このページには、 Endian UTM Appliance の現在の接続の一覧が表示されます。各接続の送信元と送信先は、それぞれが所属するゾーンで色分けされて表示されます。 Endian UTM Appliance で定義されているグリーン、レッド、オレンジ、ブルーの 4 つのゾーンに加え、ブラックとパープルの 2 つの色が表示されます。ブラックはアプライアンス上のローカル接続を示し、パープルは仮想プライベートネットワーク (VPN) 接続を示します。

[OpenVPN アクティブ接続]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[OpenVPN アクティブ接続]をクリックします。

このページには、OpenVPN アクティブ接続の一覧が表示されます。[操作]に表示されるアイコンをクリックすると、クリックしたアイコンに応じて、接続中のユーザの接続を kill または禁止できます。

[SMTP メール利用状況]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[SMTP メール利用状況]をクリックします。

このページには、 Endian UTM Appliance 経由の SMTP トラフィック (メール送信) の 1 日、1 週間、1 月、1 年の統計情報が表示されます。統計情報が表示されるのは、SMTP プロキシが有効になっている場合だけです。

[メールキュー]

画面上部のメニューバーで[ステータス]をクリックし、画面左のサブメニューで[メールキュー]をクリックします。

このページには、現在のメールキューが表示されます (SMTP プロキシが有効になっている場合のみ)。[メールキューの再送]をクリックすると、メールキューを再送 (フラッシュ) できます。