Documentation Home

Windows への Flume ノードのインストール

flume-dev@cloudera.org [FAMILY Given]

改訂履歴
改訂 0.9.5-SNAPSHOT October 11 2011 F

目次

1. Microsoft Windows マシンでの Flume
1.1. インストール
1.2. Windows Flume ノードの管理
1.3. デフォルトディレクトリ
1.4. Flume for Windows のビルド

1. Microsoft Windows マシンでの Flume

flume-logo.png

Flume v0.9.3 は、Windows ベースの Flume ノードをサポートした初めてバージョンです。このバージョンは Window Server 2003 SP2 マシンと Windows XP SP3 マシンでテストされており、Microsoft IIS などの Windows アプリケーションによって生成されたログを収集するのに使用できます。

要件:

  • Sun/Oracle 32 ビット Windows JRE v1.6 以降
[注記] 注記

64 ビットマシン上でも 32 ビット JVM の使用を要件にしているのは、メモリフットプリントが小さいためです。

1.1. インストール

Flume for Windows は、Nullsoft Scriptable Install System (NSIS) が生成した実行可能インストーラを使ってインストールします。インストーラには、ノードの構成設定の基本オプションを指定する簡単なウィザードが用意されています。インストーラを実行すると、ソフトウェアがインストールされ、オプションで Flume ノードを Windows サービス (デーモン) として起動することができます。

[注記] 注記

Flume を Windows サービスとして再インストールする前に、Windows Services Management Console を使って flumenode.exe サービスを停止してください。

Flume for Windows インストーラを実行すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。[Next] をクリックします。

flume-setup.png

License Agreement を読み、[I Agree] をクリックします。

flume-setup-2-license.png

次に表示されるダイアログボックスのドロップダウンメニューで、Flume ノードコアソフトウェアをインストールするか、Flume ノードコアソフトウェアをインストールして、さらにこれを Windows サービスとしてインストールするかどうかを指定します。サービスとしてインストールする方を選択すると、コンピュータが再起動したときに開始される Flume ノードサービスが追加されます。

インストールするコンポーネントを選択し、[Next] をクリックします。

flume-setup-3-components.png

Flume ノードのマスターの場所を指定します。デフォルトは、現在のマシンを示す "localhost" です。別のマシンを指定するには、そのマシンの IP アドレスまたはマシン名を入力します。次に、ノードとマスターが通信するのに使う TCP ポートを指定します。デフォルトポートは 35862 です。[Next] をクリックします。

flume-setup-4-master.png

インストーラは、Java Runtime Environment (JRE) がインストールされている場所の自動検出を試みます。JRE が見つからなかった場合は、手動でパスを指定します。[Next] をクリックします。

[警告] 警告

現在のところ、インストーラは 32 ビット JVM を要求します。64 ビット JVM の使用はまだサポートされていません。

flume-setup-5-jre.png

Flume for Windows コンポーネントのインストール先ディレクトリを指定し、[Install] をクリックします。

flume-setup-6-installdir.png

インストールが完了すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。[Finish] をクリックします。

flume-setup-7-complete.png

Flume ノードが起動しているのを確認するには、以下の方法を使用できます。

  • ブラウザで http://localhost:35862 にアクセスする。
  • Windows タスクマネージャまたは Windows Services Management Console で、 flumenode.exe サービスが起動しているかどうかチェックする。
  • 次のようなトレイアイコンが表示されていることを確認する。

flume-tray-icon.png

1.2. Windows Flume ノードの管理

デフォルトの設定でインストールすると、Windows マシンの起動時に Flume ノードサービスが自動的に開始されます。Flume ノードサービスは、以下の方法を使って手動で開始または停止できます。

  • トレイアイコンアプレット
  • Windows コマンドラインプログラムの sc (サービスコントローラ)
  • Windows Service Management Console

トレイアイコンアプレットを使うと、Flume ノードサービスを開始、停止、または再起動できます。トレイアイコンを右クリックして次のようなメニューを表示すれば、さまざまなコマンドを利用できます。

flume-tray-menu.png

JVM のパラメータやリブート時に再起動するモードなど、Flume ノードサービスの構成設定を変更するには、[Configure] をクリックします。

[注記] 注記

Flumeは Apache Common Daemon のプログラム prunmgr.exeprunsvr.exe を利用しています。これらのプログラムの名前は、それぞれ flumenode.exeflumenodew.exe に変更されています。flumenode.exe は Flume ノードを Windows サービスとして実行し、 flumenodew.exe はトレイアイコンの構成インタフェースを提供します。

別の方法として、Windows のコマンドプロンプトで次のコマンドを (管理者として) 入力して Flume ノードサービスを開始または停止することもできます。

C:\> sc FlumeNode start
C:\> sc FlumeNode stop

詳細と使用できるオプションについては、 sc を実行してください。

残念ながら、 installdelete 、および create メソッドは動作しないことがあります。Flume ノードサービスを手動でインストールまたはアンインストールするには、Windows のコマンドプロンプトで次のコマンドを (管理者として) 入力します。

%FLUME_HOME%\bin\> flumenode-service.bat install

$FLUME_HOME%\bin\> flumenode-service.bat remove
[警告] 警告

Flume ノードのアンインストールは正常に終了しないことがあります。場合によっては、タスクマネージャを使って flumenode.exeflumenodew.exe を終了する必要があります。

1.3. デフォルトディレクトリ

Flume ノードプログラム群がインストールされるディレクトリは %FLUME_HOME% として表現されます。このディレクトリは、デフォルトでは C:\Program Files\Cloudera\Flume 0.9.3\ です。

ディレクトリ 用途

%FLUME_HOME%\logs

Flume ノードのログが保存されるディレクトリ。

%FLUME_HOME%\conf

flume-site.xml と flume-conf.xml が置かれるディレクトリ。

参照される環境変数に FLUME_CONF_DIR があります。独自の構成は、この環境変数の示す独立したディレクトリに xml 構成ファイルとして置くことができます。

1.4. Flume for Windows のビルド

Flume for Windows をビルドするには、次のものが必要です。

cygwin があれば、通常の Unix のビルドプロセスを使用できます。たとえば、現在のディレクトリが Flume プロジェクトディレクトリなら、次のコマンドを入力します。

~/flume$ ant

Flume インストーラの実行可能ファイルを生成するには、次の特別な ant フィルタを実行して、適切なビルド固有バージョン情報を注入します。

~/flume$ ant winstall-filter

Flume for Windows インストーラは手動でビルドできます。NSIS を実行し、[Compile NSI script] を右クリックします。表示されるダイアログボックスで、メニューの [File | Load script] をクリックします。「flume/flume.nsi」を選択し、[Open] をクリックします。これでスクリプトがコンパイルされ、インストーラ flume-installer.exe が生成されます。ファイルはメインの Flume プロジェクトディレクトリに置かれます。