コネクタのインストール (Facebook/Twitter/StatusNet)

Friendica では、プラグインを使うことで、Facebook や Twitter などのネットワークとも接続できるようになっています。

Status.Net サービス上の既存のアカウントへの投稿を可能にするプラグインもあります。このプラグインは、Friendica から Status.Net のメンバーとメッセージのやり取りする場合は不要で、既存のアカウントに投稿する場合にのみ必要です。

これら 3 つのプラグインのいずれでも、ターゲットネットワーク上にアカウントが必要です。また、Friendica サーバーからこれらのネットワークに対して認証されたアクセスを行えるように、API キーを (一般にはサーバーの管理者が) 取得する必要があります。

サイト構成

プラグインを使用できるようにするには、その前にサイトの管理者がプラグインをインストールしておく必要があります。インストール作業は、サイトの管理パネルで行います。

各コネクタでは、接続先のサービスから取得した「API キー」も必要です。プラグインによってはこの情報をサイトの管理ページで入力できますが、構成ファイル (.htconfig.php) を編集しなければならないものもあります。API キーの取得方法はサービスによって大きく異なりますが、ほとんどの場合、ターゲットサービス上に既存のアカウントがある必要があります。通常、これらの API キーは、いったんインストールすれば、サイトのすべでのメンバーで共有することができます。

以下では、各サービスの構成方法を示します (ほとんどはプラグインのソースファイルの情報です):

Twitter Plugin for Friendica

構成:
このプラグインを使用するには、OAuth Consumer key ペア (key および secret) が必要です。
OAuth Consumer key ペアは、https://twitter.com/apps で Twitter から取得できます。

Friendica サイトを、"Read & Write" アクセス権限を持つ "Client" アプリケーションとして登録します。"Twitter as login" は不要です。アプリケーションを登録すると、アプリケーション/サイトで使用可能な OAuth Consumer key と secret のペアを取得できます。

このキーペアを次の要領でグローバルな .htconfig.php に追加します。

$a->config['twitter']['consumerkey'] = 'your consumer_key here';
$a->config['twitter']['consumersecret'] = 'your consumer_secret here';

ここまでの手順を終えたら、サイトのユーザーは [Settings] -> [Connector Settings] で自分の Twitter アカウントの設定を行うことができます。

ドキュメント: http://diekershoff.homeunix.net/redmine/wiki/friendikaplugin/Twitter_Plugin

StatusNet Plugin for Friendica

構成:

アドオンがアクティベートされたとき、ユーザーは選択した StatusNet アカウントに接続するために次の情報を入手する必要があります。

OAuth Consumer key ペアを入手するには、ユーザーは次のことを行う必要があります。

(a) ペアがすでに存在するかどうか Friendica 管理者に尋ねる。ペアが存在しない場合は、
(b) StatusNet サーバー上で Friendica サーバーをクライアントアプリケーションとして登録する。

登録は、StatusNet 上で "Settings -> Connections -> Register an OAuth client application -> Register a new application" の順にメニューをたどって、アカウント設定で行います。

OAuth クライアントの登録時には次の点に注意してください。

アプリケーションで必要となるアカウント情報が構成に格納されたら、自分の Friendica アカウントを実際に StatusNet と接続する必要があります。この作業は、[Settings] -> [Connector Settings] ページで行います。[Sign in with StatusNet] ボタンをクリックし、アクセスを許可して、表示されたボックスにセキュリティコードをコピーします。Friendica は API を介して最終的な OAuth アカウント情報の入手を試みます。

入手に成功すると、アドオンの設定で、公開メッセージを自分の StatusNet アカウントに投稿するかどうか選択できるようになります ([Home] ページまたは [Network] ページの近況エディタの下の小さな南京錠アイコンをクリックしてみてください)。

ドキュメント: http://diekershoff.homeunix.net/redmine/wiki/friendikaplugin/StatusNet_Plugin

Friendica/Facebook コネクタのインストール

登録には Facebook アカウントが必要です。また、クレジットカードや携帯電話番号の確認といった形で追加の認証が必要になることがあります。

a. 知名度アップのためにアプリケーションに "Friendica" という名前を入れてもらえたら幸いです。Friendica アイコンも images ディレクトリにあり、これを Facebook アプリのアイコンとしてアップロードできます。アイコンには images/friendica-16.jpg を、ロゴには images/friendica-128.jpg を使ってください。

b. URL は、自分のサイト URL の最後にスラッシュ (/) を付けたものである必要があります。

プライバシー方針または利用規約の URL を指定するよう求められることもあります

c. .htconfig.php ファイルで次の値を設定します。

$a->config['facebook']['appid'] = 'xxxxxxxxxxx';
$a->config['facebook']['appsecret'] = 'xxxxxxxxxxxxxxx';

Facebook で入手した値に置き換えてください。

d. "Set Web->Site URL & Domain -> Website Settings" の順にメニューをたどります。[Site URL] には「yoursubdomain.yourdomain.com」を設定します。[Site Domain] には「your yourdomain.com」を設定します。

Friendica 上で、[Settings] -> [Connector Settings] ページの [Facebook Settings] セクションにアクセスします。[Install Facebook Connector] をクリックします。

Facebook にログインして、プラグインが動作できるよう許可を与えることを求められます。許可します。

以上でコネクタのインストールはおわりです。コネクタを無効にするには、[Connector Settings] ページに再度アクセスし、[Remove Facebook posting] をクリックします。

ほかにコンテンツがない場合、動画と埋め込み項目は投稿されません。リンクと画像は Facebook API に適したフォーマットに変換され、長い投稿は切り捨てられて、投稿内容をすべて見るためのリンクに置き換えられます。

Facebook のコンタクトでは「プライベートな」写真を見ることはできません。これは、Facebook のコンタクトからでは、Friendica のサイトで認証を行って身元を確認することができないからです。この問題については、今後のリリースで対処する予定です。