友達になる

ひと口に友達といっても、Friendica では多くの異なる意味があります。しかしここでは単純化して、誰かと友達になりたいとしましょう。どうすればよいでしょうか。

最も簡単なのは、New Here グループに参加することです。このグループは、Friendica ネットワークに参加したばかりの人たちを対象としたグループです。グループをコンタクトに追加し、ウォールに投稿して、新しい友達を見つけてください。「いいね!」と言う必要もありません。いくつか投稿にコメントを付ければ、ほかのユーザーがあなたをコンタクトに追加してくれるでしょう。

次に方法として適当なのは、ディレクトリにアクセスすることです。ディレクトリは 2 つの部分に分かれています。[Directory] ボタンをクリックすると、自分のサーバー上のすべてのメンバーのリストが表示されます (表示されるのは、リストへの掲載に同意したメンバーです)。また、グローバルディレクトリへのリンクも表示されます。このリンクをクリックすると、Friendica のすべてのインスタンスにまたがってメンバーとして掲載されることに同意したユーザーのリストが表示されます。また、[Show Community Forums] リンクも表示され、このリンクをクリックすると、グループ、フォーラム、ファンページが表示されます。ユーザー、グループ、フォーラムをコンタクトに追加する方法は同じですが、グループとフォーラムでは自己紹介を添えたリクエストは自動的に承認されるのに対し、ユーザーの場合、承認は手作業で行われる点が異なります。

ほかの Friendica ユーザーとつながるには:

目的のユーザーのプロファイルにアクセスします。プロファイルの写真のすぐ下に [Connect] と書かれたボタンがあります ("Connect" というラベルはプロファイルの言語が英語の場合です)。

ボタンをクリックします。[Connect] 用のフォームが表示されます。

ここでは、Identity Address の入力を求められます。Identity Address は、リクエストの送り先となる Web サイトがあなたのサイトを見つけることができるようにするために必要です。

ボックスには何を入力すればよいか:

あなたの使用している Friendica サイトが "demo.friendica.com" で、このサイトでのあなたのユーザー名/ニックネームが "bob" だったとすると、"bob@demo.friendica.com" と入力します。

電子メールアドレスとよく似ていることに注意してください。これは意図的にそうしていて、覚えやすいからです。

別の方法として、自分の "ホーム" ページの URL を "http://demo.friendica.com/profile/bob" のように入力することもできますが、電子メールスタイルのアドレスの方が簡単でしょう。

このページを送信すると自分のサイトに戻るので、(必要な場合には) ログインして、あなたのサイトでリクエストを確認する必要があります。確認を終えると、2 つの Web サイトは互いに通信できるようになり、(あなたのリクエストを相手が承認した後) 処理は完了します。

相手の Identity Address がすでにわかっている場合は、自分の [Contacts] ページの [Connect] ボックスにそのアドレスを入力できます。この場合も、上と同じような手順で処理が完了します。

ほかのネットワークの場合

自分の Identity Address やほかの人の Identity Address は、異なるネットワークにまたがって友達になる場合でも使用できます。つながることのできるネットワークの数は絶えず増えています。例として、identi.ca (Status.Net サイト) 上に "bob" がいるのを知っているなら、自分の [Contact] ページで bob@identi.ca と入力することで、ネットワークにまたがって友達になることができます (別の方法として、Bob の identi.ca ページへの URL を入力することもできます)。また、Google Buzz を使っているユーザーの Gmail アドレスを入力すると、これらのユーザーと「部分的に」友達になることができます。Google Buzz は、ダイレクトメッセージに必要なすべてのプロトコルをまだサポートしていませんが、Friendica の中から近況のアップデートをフォローすることはできます。同じことは、Twitter アカウントと Diaspora アカウントに対してもできます。実際には、配信フィード (RSS/Atom など) を生成するほぼあらゆるユーザーまたは Web サイトをフォローすることができます。Friendica の側で、情報ストリームと、コンタクトに付ける名前がわかれば、Friendica では接続を試みます。

[Settings] ページで自分の受信トレイ情報を入力している場合は、最近あなた宛にメッセージを送った任意のユーザーの電子メールアドレスを入力すれば、そのユーザーの電子メールメッセージがソーシャルストリームに表示されるようになります。Friendica の中からメールに返信することもできます。

ほかのネットワークのユーザーがあなたと友達になることもできます。あなたの友達が identi.ca アカウントを持っている場合、その友達が identi.ca の登録ダイアログボックスにあなたの Friendica Identity Address を入力すれば、あなたと友達になることができます。Diaspora のメンバーの場合も同じようなしくみを利用することができます。具体的には、Diaspora のメンバーが Diaspora の検索バーにあなたの Identity Address を入力します。

注意: StatusNet ソフトウェアの一部バージョンでは、Identity Address では目的どおりに動作しないことがあり、その場合はあなたのプロファイルへのフル URL を入力する必要があります。

誰かから友達リクエストがあると、あなたに通知が送られます。友達になるプロセスを完了するには、あなたがリクエストを承認する必要があります。

ネットワークによっては、友達になっていなくても、また相手が承認していなくても、メッセージを送信できるものがあります。こうした形でのメッセージの送信を許可すると、スパムの温床になるため、Friendica ではこのような操作はデフォルトでできないようになっています。

ほかの Friendica メンバーから友達リクエストを受け取った場合、「ファン」として承認するか、それとも「友達」として承認するかを選択できます。ファンとして承認した場合、相手は、あなたがその相手に送ったプライベートな会話も含めて、あなたの発言を見ることができますが、相手からあなたにメッセージを送ることはできません。友達の場合は、両方向の会話が可能です。

Diaspora ではまた別の用語を使っており、相手に「あなたとシェアする (share with you)」ことを許可するか、完全な友達になることを許可するかを選択できます。

友達になったあとで、相手がコンスタントにスパムや無意味な情報を送ってくることがわかったら、友達関係を解消することなく、また相手の発言にあなたがまったく関心がないことを気付かれることなく、その友達を「無視」することができます。この場合、その友達は多くの点で「ファン」に似た存在になりますが、友達自身はそのことを知りません。その相手はあくまで自分自身を友達だと思っています。

相手を「ブロックする」こともできます。これは、相手との会話を完全に遮断します。相手はその後も、ほかのあらゆる人と同様、公開されたあなたの投稿を見ることはできますが、あなたと直接会話することはできなくなります。

友達関係がどうであるかにかかわらず、友達を削除することもできます。友達を削除すると、あなたの Web サイトからその人物に関係するあらゆるものが削除されます。