ページ

Friendica では、フォーラムや有名人のページを作成することもできます。

Friendica では各ページがニックネームを持っており、このニックネームは一意でなければなりません。これは、通常のプロファイルかフォーラムかを問わず、すべてのページにあてはまります。

したがって、新しいページを作成するときにまず最初に行う必要があるのは、そのページ用の新しいアカウントを登録することです。サイトの管理者は新しいアカウントの作成を制限したり規制したりできることに注意してください。

システムにもう 1 つアカウントを作成し、そのアカウントで既存のアカウントと同じ電子メールアドレスまたは OpenID を使う場合は、そのアカウントにログインするのに電子メール (または OpenID) は使用できなくなります。代わりにアカウントのニックネームを使ってログインする必要があります。

新しいアカウントでログインしたら、[Settings] ページにアクセスします。ページの最後の方に、[Advanced Page Settings] という設定項目があります。通常、一般の個人アカウントでは [Normal Account] を使います。また、これがデフォルトの設定です。グループページでは、承認なしにそのページの友達またはファンになることができます。

具体的にどのような設定を使うかは、そのページにアクセスするユーザーとどのような関係を望むかによって異なります。[Soapbox] を選択すると、ページのオーナーがそのページでのやり取りのすべてをコントロールすることができます。投稿内容はページのメンバーすべてに送られますが、メンバーとメッセージを相互にやり取りすることはできません。通常、この設定は、お知らせや企業からメッセージの配信に使われます。

設定のうちで最も一般的なのは、[Community Account] です。この設定では、すべてのメンバーが自由にメッセージをやり取りできるグループページが作成されます。

[Automatic Friend Account] は一般に、すべての友達リクエストやつながりリクエストを自動的に承認するようにしたい個人のプロファイルページで使われます。

複数のページの管理

グループページを作成するときは、自分の通常のアカウントと同じ電子メールアドレスとパスワードを使うことを推奨します。このようにすると、メニューバーに新しく [Manage] タブが表示されるようになり、このタブで簡単にアカウントを切り替えてページを管理することができます。これは必須ではありませんが、そうしない場合にはいったんログアウトしてから別のアカウントでログインし直してページを管理することになり、アカウントやページが複数ある場合には面倒です。

ページを管理する代理人 (delegate) を指定することもできます。それには、[Delegation Setup] ページにアクセスします。このページでは、このシステム上のコンタクトのリストが [Potential Delegates] のところに表示されます。1 人または複数のユーザーを選択すると、そのユーザーにページを管理する権限が与えられます。権限を与えられたユーザーは、該当するアカウント/ページのコンタクト、プロファイル、およびすべてのコンテンツを編集することができます。この機能は適切に使うようにしてくださzい。代理の管理人は、パスワードなどの基本的なアカウント設定やページのタイプを変更したり、アカウントを削除したりすることはできません。

コミュニティページへの投稿

コミュニティページ/フォーラムのメンバーは、フォーラムについて言及した投稿の中に @ タグを含めることで、ページに投稿することができます。たとえば、@bicycle のようにすると、通常の受信者に加えて、グループ "bicycle" のすべてのメンバーに投稿が送信されます。投稿がプライベートなものである場合には、(フォーラムの「コンタクト」が投稿を見ることができるように) 投稿のパーミッションの中に明示的にグループを含め、さらに (フォーラムのメンバーに投稿が再配信されるように) タグでグループメンションであることを示す必要があります。

セキュアなクロスサイト認証を使った「ウォールツーウォール」投稿によって、コミュニティページ/フォーラムに投稿することもできます。

コミュニティページにリレーされたコメントは、元の投稿者までリレーされて戻ってきます。コメント内で @ タグでフォーラム/グループにメンションしても、メッセージはリレーされません。配送は、元の投稿者によって完全にコントロールされるからです。