目次

DreamHost での Friendica インストールガイド

ステップバイステップガイド (ボーナス "スクリーンショット" 付き!!!)

はじめに

このガイドは Friendica の公式の INSTALL.txt [日本語版はこちら] に基づいて作成されており、特に DreamHost 上で Friendica を簡単にインストールできるようにすることを目的としています。

ドメインの作成

Web Panel サイドバーで、[Manage Domains] をクリックします。

ここでは、使用するドメイン (またはサブドメイン) を選択します。すでに登録済みのドメイン (またはそのドメインのサブドメイン) か、新しいドメインを指定する必要があります。新しいドメインの場合、DreamHost から課金される場合があるので注意してください。また、新しいドメインの場合、インターネット全体にドメインの情報が行き渡るまで 1-2 日かかります。なお、INSTALL.txt に記述されている次の注意点については、しっかりと理解しておく必要があります。

「ドメイン名を変更することは、現在はサポートされていないので、注意してください」

Diaspora pod と連携できるようにするために、PHP 5.3 を選択する必要があります。

そのまま操作を続けます。青いボタンをクリックします。

何も問題がなければ、次のようなメッセージが表示されます。(cheers)

シェルユーザーのセットアップ

シェルアクセスの可能なユーザーを用意する必要があります。[Manage Users] をクリックします。

新しいユーザーを追加します。あとで必要になるので、ユーザー名パスワードをメモしておきます。

アクセス先の特定 - ssh でログインできるよう、Friendica のインストール先となる DreamHost サーバーを調べる必要があります。それには、画面右上の [Account Status] ドロップダウンメニューをクリックします。

[Your Web Server] のエントリに注目してください。Web サーバーの名前をメモします。完全な URL は yourmachine.dreamhost.com となることに注意してください ('yourmachine' は、該当する名前で置き換えてください)。

MySQL データベースのセットアップ

Friendica はバックエンドデータベースとして MySQL を使用します。そのため、データベースを用意して適切なアクセス権を設定する必要があります。[Goodies] メニューで、[MySQL Databases] をクリックします。

MySQL のホスト名を追加します。

特に希望がなければ、ドメイン名の前に付ける名前を mysql にするとよいでしょう。mysql.yourdomain.com のような名前は、あとで思い出すのも簡単です。なお、ここで作成する MySQL ホスト名も、あとで必要になるのでメモしておいてください。

MySQL のインストール先が決まったので、Friendica のすべてのテーブルを保持するデータベースを作成します。覚えやすいデータベース名を付けておくとよいでしょう。your_domain_com のような自分のドメイン名を使った名前を使うことをおすすめします (データベース名にはドット (.) を使わないでください)。[Use Hostname]では、前の手順で作成した MySQL ホスト名を選択します。[First User] には、最初に作成したユーザーを指定します。

何も問題がなければ、次のようなメッセージが表示されます。この中の mysql コマンドラインに注目してください。MySQL のことをよく知っている場合は別として、このコマンドラインをメモしておきます。

Friendica のインストール

用意したドメインがホスティングされているマシンに ssh でアクセスします。

  $ ssh yourdomain -l username

ファイルの置き場所となるディレクトリに移動します。DreamHost では、このディレクトリは通常、ドメイン名と同じ名前のディレクトリです。たとえば、/home/yourusername/yourdomain.com です。したがって、次のようにして目的のディレクトリに移動します。

  $ cd yourdomain

このディレクトリで、Friendica リポジトリを git clone します。それには、次のコマンドを使います。

  $ git clone git://github.com/friendica/friendica.git .

(コマンドラインの最後のドットを忘れないよう注意してください。)

もうあと少しで作業は終わりです。Friendica のインストール先の Web サイトにアクセスし、画面に表示される指示に従って操作します。Friendica は最初にいくつか自己診断テストを実行し、結果を表示します。ライトはすべて緑色になっているはずです。

次に、データベースアクセスに関する情報を入力する必要があります。具体的には、MySQL ホスト名、ユーザー名、パスワード、データベース名を入力します。

お疲れさま! 以上でインストールは完了しました。以下では、cron ジョブのセットアップについて説明します。

ちょっと補足です。.htconfig.php ファイルで $a->config['php_path'] が正しく設定されているかどうか確認してください。おそらく /usr/local/bin/php になっていると思います。Dreamhost では (2012 年 2 月 11 日の時点で)、これは PHP 5.2.17 (cli) (built: Jun 28 2011 17:39:50) を指しています。

しかし、覚えているでしょうか、必要なのは PHP 5.3 です。https://github.com/friendica/friendica/wiki/DreamHost-Friendica-Install-Guide 現在のところ、PHP 5.3 は /usr/local/php53/bin/php にあります。

そこで、.htconfig.php をエディタで開き、該当する行を次のように変更します。

  $a->config['php_path'] = '/usr/local/php53/bin/php';

Cron ジョブのセットアップ

Friendica では、友達のいるサーバーに定期的にアクセスして、「ニュース」を取得する必要があります。この作業を担当するのが、include/poller.php スクリプトです。適切な間隔でシステムに poller を実行させるには、cron ジョブをセットアップする必要があります。DreamHost の [Goodies] メニューには、そのための非常に便利なインタフェースが用意されています。表示されたフォームに必要な情報を入力するだけです。実行するコマンドは cd your_domain_directory; php_absolute_path poller_relative_path のように指定します。たとえば、次のようになります。
  cd /home/john/johnfriendica.com; /usr/local/php53/bin/php include/poller.php

DreamHost (現時点) では、PHP 5.3 のパスは /usr/local/php53/bin/php であることに注意してください。電子メールアドレスを指定すれば、ポーリング時に問題が発生したときにメールで通知が届きます。