1) ユーザーとして Facebook コネクタを構成する

注意: 管理者向けの手順は、このページの後半で説明しています。最初に説明するこの部分は、すべてのユーザーを対象としています。

Facebook コネクタは、Friendica の中から Facebook の友達と交流できるようにするためのアドオンです。Facebook コネクタは強力な機能を備えており、双方向の交流が可能です。あなたは Facebook に投稿することができ、Facebook の友達が付けたコメントを読むことができます。また、Friendica から Facebook の友達のスレッドやコメントを見ることもできます。

実感としては、Facebook の友達がまるで Friendica のユーザーになったかのような感覚です。しかも、コンタクトを別々に構成する必要はなく、Facebook のあなたの友達のリスト全体がインポートされ、新しい友達が追加されると、リストが更新されます。

自分のユーザーアカウントで Facebook コネクタを有効にする

あなたのサイトの管理者が Facebook コネクタをすでにインストールしている場合は、Settings > Connector Settings > Facebook Connector Settings とメニューをたどると、Facebook コネクタを有効にすることができます。コネクタを初めて使うときは、確認のために Facebook にリダイレクトされます。

Facebook コネクタの構成 (Facebook 側)

Facebook のユーザー名とパスワードを入力し、オプションで尋ねられたすべての動作をアプリケーション (コネクタ) が実行できるようにします。

Facebook 側の設定では、Friendica から Facebook に投稿した内容を見ることができる人の範囲をこうするかについても検討してください。最も妥当なのは、こうした人の範囲を Facebook の友達にしておくことです。この設定は、あなたの Friendica での投稿が公開の投稿である場合にのみ意味を持ちます。Friendica であなたが定義したプライベートなグループに投稿する場合、この設定は関係ありません。

上に示した妥当な設定を使った場合、Friendica での公開の投稿は、Facebook のあなたの友達すべてにも送られます (ただし、そのようなことを望まない場合には、そうする必要はありません。この点についてはあとで詳しく取り上げます)。

一方、Facebook の友達 2 人を含むグループに対する Friendica での投稿は、これら 2 人の Facebook の友達 (およびこのグループに入っている Friendica や Diaspora のユーザーすべて) にしか見えません。

Facebook コネクタの構成 (Friendica 側)

Facebook 側で設定を済ませて [OK] をクリックすると、Friendica のコネクタ構成パネルに戻ります。

Facebook 構成パネル

4 つのオプションがあります。最初の 2 つは、Facebook の友達をどのように扱うかに関係するオプションです。

1) [Post to Facebook by default] – このオプションを選択すると、Friendica からの公開の投稿はすべて Facebook にも投稿されます。このオプションを選択しない場合、あなたの公開の投稿では Facebook コンタクトは無視されます。ただし、デフォルトの動作をどちらにするかは、Friendica の投稿エディタのプライバシー設定を切り替えることで、投稿ごとに変更できます。注意: あなたが定義したプライベートグループのうち、Facebook コンタクトを含むグループへの投稿は、ここでの選択内容にかかわらず、常に、グループに含まれるコンタクトに送られます。

2) [Link all your Facebook friends and conversations on this website] – Facebook の友達の近況を Friendica の中から見るには、このオプションを選択するとよいでしょう (この機能を使わないのであれば、コネクタを利用する意味もほとんどありません)。

次の 2 つのオプションは、あなた自身の Facebook ウォールに関するものです。

3) [On this website your Facebook profile wall conversations will only be visible to you] - Facebook での自分自身の投稿 (すなわち、あなたが Facebook 上で公開した投稿、またはほかのコネクタを使って Facebook に送信した投稿) を、Facebook の友達からのコメントと併せて自分の Friendica ストリームの中で見たい場合は、このオプションを選択してください。このオプションを選択すると、あなた個人からその内容を見ることはできますが、Friendica 上のほかのユーザーは内容を見ることはできません (Friendica のほかのユーザーが見ることができるのは、あなたが Friendica から投稿した内容だけです)。ほとんどのユーザーの場合は、このオプションを選択すると便利です (あとで少し補足します)。

4) [Do not import your Facebook profile wall conversations] – このオプションを有効にすると、あなたが Facebook 上で始めた会話は、あなたも含め、誰も見ることはできなくなります。この場合、Facebook 上であなたが公開する投稿は Facebook にとどまり、Friendica には取り込まれません。ほとんどのユーザーは、このオプションを無効のままにしておくとよいでしょう。

上の 2 つのオプションを 両方とも無効にすると、あなたの Facebook プロファイルウォールは Friendica 上のあなたのプロファイルウォールとマージされ、Friendica 上でのあなたのプライバシー設定を使って、誰が会話を見ることができるかが決定されます。

この設定は、あなたのコンタクトから非常にいやがられるおそれがあります。

例: もしあなたがほかのコネクタを使って多数のクロスポストを行っている場合、Friendica での投稿はあなたの WordPress ブログにも表示されるかもしれません。そのブログでは WordPress プラグインによって Facebook にも自動投稿されるようになっているかもしれません。しかし、こうした投稿が Facebook で公開されたとき、Friendica ではその投稿を元の投稿とは別の投稿として扱い、Friendica 上のあなたのコンタクトは、短時間のうちに同じ投稿を 2 度 (場合によっては巨大な画像または動画へのリンクのオマケ付きで) 目にする可能性があります。このような投稿の重複は、ユーザーをいらだたせたり困惑させたりするだけで、誰も得るものがありません ;)

Facebook コネクタの削除または再認証

Facebook コネクタを削除するには、コネクタの設定ページで該当するリンクをクリックします。Facebook でコネクタを再認証するためのリンクもあります。Facebook のパスワードを変更したときは必ず、この再認証を行う必要があります。

近況アップデート

Facebook の友達の近況アップデートは、1 時間に 1 回届きます。あなたの Facebook へのコメントや Facebook への投稿は、通常、1-2 分で表示されます。

サイト管理者が Facebook コネクタのリアルタイムオプションを有効にしている場合は、もっと速く処理が行われます。具体的には、あなたの Facebook ウォールに表示されたもの、たとえばあなたの開始したスレッド、あなたの付けたコメント、メンション/タグなどは、ほとんど瞬時に Friendica 上でも見えるようになります。

コンタクトの更新

Facebook コネクタは 1 日 1 回ポーリングを行って、Facebook に新しい友達ができたか (または去っていった友達がいるかどうか) を調べます。

注意: 多くのユーザーをかかえるサイトでは、この操作は非常に多くのリソースを消費するので、公開サーバーによっては Facebook コネクタの高度なオプションを無効にしていることがあります。小さなプライベートなサーバーではこのようなリソースの問題は起こらないので、Friendica サイトを自分でホスティングすれば、一般に Facebook コネクタの機能をさらに高速かつ快適に利用することができます。また、もし望むなら自分の Friendica サイト用に独自のアイコンを用意することもできます。

2) 自分のサイトに Facebook コネクタをインストールする (管理者のみ)

独自の Friendica サイトを自分自身で運用している場合は、Facebook と接続できるようにするためにいくらか作業が必要です。ただし、実際の手順は非常にシンプルです。

Facebook 開発者になる

まず最初に、あなた自身が Facebook のメンバーになる必要があります。次に、Facebook 開発者になる必要があります。これはちょっと奇妙に思われるかもしれません。実際にあなたが何かを開発しているわけではないからです。しかし、この手順は欠かせません。Facebook の側では、Facebook コネクタはあなたが開発した Facebook アプリで、このアプリをあなたが登録しようとしているとみなします。

Facebook 開発者になる手順については、http://developers.facebook.com/ を参照してください。

この手順の中では、あなたは通常の Facebook の ID (名前とパスワード) を使用できますが、それと同時に、クレジットカードや携帯電話番号の提示という形で追加の身元確認を求められます。

これは、Facebook があなたに何らかの課金をするという意味ではありません。

そうではなく、重要なのは、Facebook があなたについて知っていることがこれまでより 1 つ増えるという点です。多くの Friendica 管理者は、クレジットカードの番号ではなく、情報としての機密性がより低いと考えられる携帯電話の番号を提示しているようです。

Friendica コネクタをアプリとして登録する

Facebook コネクタが動作するのに必要なものは、App IDApp Secret です。Facebook では、登録プロセスの最後にこれらの情報が発行されるので、あなたは Friendica の Facebook 管理パネルでこの情報を入力します。

これらのコードを取得するには、Facebook 開発者サイトで新しいアプリケーションを作成し、My Friendica Bridge のような適当な名前を付けます。アプリケーションに名前空間を指定する必要はなく、アプリケーションのための Web ホスティングも必要ないので、画面に最初のダイアログボックスが表示されたら、これらのフィールドは空白のままでかまいません。

その次に表示されるアプリケーションページの一番上の部分では、アプリケーションのアイコンとロゴを指定することができます。アイコンには http://your-friendica-site/images/friendika-16.png を、ロゴには http://your-friendica-site/images/friendika-128.png を使ってください (自分のサイトのアドレスに置き換えてください)。

自分の電子メールアドレスと Friendica サイトのアドレスも入力する必要があります。アプリケーションのタイプに「ウェブサイト」を指定し、最後にスラッシュ (/) を付けたアドレス http://your-friendica-site/ を指定します。

入力内容を確認して変更を保存すると、App IDApp Secret を入手することができます。

Friendica 上でのプラグインの構成

Friendica では、すでにプラグイン用の便利な管理パネルが用意されており、以前では必要だった .htconfig.php の手作業での編集は必要ありません (ヘルプにはそうするように指示する内容の記述がまだ残っているかもしれません)

必要なことは、[Admin] パネルにアクセスし、[Plugins] をクリックするだけです。[Facebook Connector] をクリックしてコネクタを有効にし、次にコネクタの名前をクリックして構成します。([Facebook Connector] がリストに表示されない場合は、friendica addons からダウンロードする必要があります。) Facebook から発行された App IDApp Secret を入力するための 2 つのフィールドがあります。フィールドに値を入力して、[Save] をクリックします。

この時点で、Facebook への投稿があったら、その投稿を Friendica でも同時に取得できるよう、[Activate Real-Time Updates] をオンにしておくとよいでしょう。このオプションをオンにしない場合のデフォルトの Facebook へのポーリングの間隔は 1 時間です。(この間隔は短くすることができますが、消費するシステムリソースは劇的に増えるので、処理する Facebook ストリーム/アイテムの数によっては、システムが使用不能になることがあります。リアルタイムでのアップデートでは、システムリソースの使用率は全体に低く抑えられます。)

管理者の指定できるオプションには、[synchronize comments] もあります。これは、コネクタが時々コメントを取りこぼす問題に対処するためのオプションです。自分や少数の友達、または家族だけのプライベートサーバーでは、副作用について考えずに、問題なくこのオプションを有効にしておくことができます。

以上で、あなたのサイトのすべてのメンバーは、このページの前半で説明した手順で Facebook コネクタを使用できるようになります。

これは、あなた自身にもあてはまります。この後半部分であなたはサイト用にプラグインを有効にしましたが、ユーザーとしてはまだプラグインを有効にしていません。このページの前半部分の説明に従ってプラグインを有効にしてください。


公開サーバーの場合のみ

多数のユーザーをかかえる公開サーバーを運用している場合は、コメント同期機能を有効にする前に、poller でのロックファイル機構の使用を検討してください。ロックファイルは、poller.php の複数のコピーが実行される問題を防ぐことができます。この現象はデータベースを破損することがあり、ポーリング対象の Facebook コンタクトの数が非常に多いときに発生するため、ロックファイルの使用は非常に有効な対処法になります。ロックファイルを使用するには、ロックファイルを置くディレクトリを決めます。このディレクトリは、Web サーバーから書き込み可能である必要があります (/var/www/friendica など)。ついで、次のような行を .htconfig.php に追加します。

$a->config['system']['lockpath'] = "/path/to/lockfile";

たとえば /var/www/friendica を使う場合は、次のようになります。

$a->config['system']['lockpath'] = "/var/www/friendica";