Friendica の電子メールコネクタは、非常に強力な統合機能を持つコネクタです。このコネクタを使うと、通常の電子メールのコンタクトもソーシャルネットワークのストリームに追加することができます。

これは、ソーシャルネットワークというものをまったく使っていない友達や家族にも、近況アップデートを送ることができることを意味しており、これを受け取った側の友達や家族も、それぞれが使っているメールクライアントの中でメッセージを読むことができます。あなたのほかのコンタクトは、同じメッセージを Friendica や Facebook で読むことができます。また、あなたは電子メールコンタクトから受け取ったすべてのメールを Friendica のソーシャルストリームで読むことができます。つまり、実際にはソーシャルネットワークに参加しておらず、またその気もないあなたの両親や祖父母といった人たちも、あなたのソーシャルストリームに加わることができるのです。もちろん、これらの人たちのメッセージは、あなたにしか見えません。

コネクタを有効にするには

この機能は Friendica で簡単にセットアップできます。[Settings] -> [Connector Settings] ページにアクセスします。[Email/Mailbox Setup] までスクロールダウンします。デスクトップメールクライアントの設定を行うときと同様に、電子メールアカウントの情報を入力します。入力する情報がわからない場合は、インターネットサービスプロバイダのサポートに問い合わせてください。

次に何が起こるかは、これまでに一部のユーザーを混乱させた経緯があるので、あらかじめはっきりと言っておきましょう。

「何も起こりません!」

実際には、Friendica の中でまだ電子メールコンタクトの設定を行っていないので、何も表示されるものがありません。Friendica はあなたのアドレス帳を参照したり、あなたにどんな知り合いがいるかを調べたりすることはしません。これらのことは、ユーザーであるあなたの側からシステムに教える必要があります。

電子メールコンタクトを自分の Friendica ストリームにインポートするには、そのコンタクトの通常の電子メールアドレスを Friendica の [Contacts] ページで入力する必要があります。操作の手順は、StatusNet や Diaspora コンタクトを入力する場合とほとんど同じです。ただし、1 つだけ条件があります (これは Friendica がスパムのプラットフォームとして使われるのを防ぐための措置です)。具体的には、入力する電子メールコンタクトからのメールが、現在あなたの IMAP 受信トレイ (あなたがメールクライアントでアクセスする通常のメール受信トレイ) に入っていなければなりません。

実際にどういうしくみになっているかテストするには、自分が使っているメールクライアントで自分宛にメールを送信します。次に、自分の電子メールアドレスを Friendica のコンタクトとして追加します。メッセージが Friendica に表示されたはずです。このメッセージに Friendica から返信します。そして自分のメールクライアントで受信トレイをチェックしてください。

電子メールコンタクトは、あなたが Friendica の中で定義したプライベートなグループに入れることができます。これらのグループへの投稿は、その電子メールコンタクトへも送られます。また、公開メッセージを投稿するときにプライバシー設定でボックスに印を付けることもでき、この場合には投稿は電子メールコンタクトへも送られます。返信はあなたの個人的なストリームに届き、プライバシー上の理由から、それ以外の場所には表示されません。返信はあなただけが見ることができ、関連するスレッドに参加しているほかの人からは見ることができません。将来的には、互いの合意によってこの設定を変更することができるようになり、電子メールであなたをフォローし、あなたの議論に参加するかどうか選択できるようになる予定です。ただし、現在はまだそこまで開発が進んでいません。また、この機能はオプションとし、電子メールであなたとやり取りする人の許可が必要となる予定です。

注意: 上に説明した方法で電子メールコンタクトを追加しようとして Friendica に拒否された場合は、アドレスの前に mailto: を付けて (mailto:friend@mail.com のように指定して) みてください。この方法は、Gmail アドレスの場合に必要になることがあるようです。

技術的な問題

サイト管理者が満たす必要のある要件が 1 つあります。それは、PHP IMAP モジュールをサーバーマシンにインストールしておくことです。公開 Friendica サーバーや、共有ホスト上で実行されているサイトでは、通常、このモジュールはインストール済みです。あなた、もしくはあなたのサイトの管理者が仮想サーバーを実行している場合、モジュールがインストールされていないことがあります。この点について管理者に確認するか、または自分でサイトを運営している場合は、あなたがモジュールをインストールしてください。インストール方法がわからない場合は、適当なところで尋ねてください。Friendica のサポートフォーラムはたくさんあり、そうしたフォーラムのメンバーはきっと親切にあなたにアドバイスしてくれるでしょう。