このページは開発者向けのページです。Gephi を使うための情報については、ユーザー向けのページを参照してください。Gephi Development Center は、コードのリポジトリであるとともに、各種ビルドの置き場所になっています。また、Gephi の機能の拡張と、Gephi プラットフォーム上での新しい魅力的なアプリケーションの構築を容易にすることを目的に設計された各種 API のリファレンスも用意されています。

Gephi 開発が初めての場合

Gephi 開発が初めての場合には、このページから始めてください。さまざまな種類のプラグインについて説明したガイドを用意しているほか、API や開発作業の連携、コードの提供について、どこから着手すればよいかを説明しています。Gephi 開発者入門はこちら »

API リファレンス

最新の Javadoc »

以下に示すドキュメントファイルは、開発トランクと比べると、古くなっている可能性があります。API ドキュメントは Gephi ソースから簡単に生成できます。Gephi をビルドするためのタスク同様、ドキュメントを生成するための専用の ANT タスクが用意されています。API ドキュメントが存在しない場合には、doc フォルダを作成し、ant javadoc タスクを実行してください。

プラグイン開発を容易にするために、以下のビジネス API が用意されています。

ツールキット

ツールキットプロジェクトは、Graph、Layout、Filters、IO といった必須モジュールを標準 Java ライブラリにパッケージ化したもので、任意の Java プロジェクトから利用できます。ツールキットは単独の JAR なので、Java プログラムで再利用したり、Gephi の機能をスクリプトで利用したりできます。

詳細はこちら »

メーリングリスト

コア開発者とコンタクトを取りたい場合には、[gephi-dev] に登録してください。

プラグイン開発者は [gephi-plugins] でプラグインについて議論できます。

リアルタイムチャット

IRC クライアントか Freenode WebChat を使って Freenode (irc://irc.freenode.net/#gephi) にログインすれば、コミュニティのメンバーと直接会話できます。

Wiki

開発ポータルでは、コア開発および関連プロジェクトの仕様、ベータテスト、リリースについてのあらゆる情報を網羅しています。

バグレポート

バグを報告してソフトウェアの品質向上に協力してください。まず、バグのリストを検索して、すでに誰かが同じ問題を報告していないかどうか確かめてください。該当するバグを誰も報告していない場合は、定められたポリシーに従ってバグレポートを提出してください (方法についてはこちらを参照してください)。バグ用メーリングリストもあります。

新機能のリクエスト

開発チームに対するリクエストがなければ、Gephi も不完全なままです。これまでの新機能のリクエストを参照したり、新しくリクエストを作成したりすることができます。