第 20章GStreamer における XML

GStreamer は、XML を使ってパイプラインの定義を保存したりロードしたりできます。

ここでは、パイプラインを XML に保存する方法、パイプラインを保存した XML ファイルをあとでロードして使う方法について説明します。

20.1. GstElement の XML への変換

まず、簡単なパイプラインを作成し、これを gst_xml_write_file () を使って標準出力に書き出します。次に示すのは、MP3 プレーヤーパイプラインを作成し、これを標準出力とファイルの両方に書き出す例です。このプログラムを実行するときは、ディスク上の MP3 ファイル 1 つを引数に指定します。


#include <stdlib.h>
#include <gst/gst.h>

gboolean playing;

int 
main (int argc, char *argv[]) 
{
  GstElement *filesrc, *osssink, *decode;
  GstElement *pipeline;

  gst_init (&argc,&argv);

  if (argc != 2) {
    g_print ("usage: %s <mp3 filename>\n", argv[0]);
    exit (-1);
  }

  /* create a new pipeline to hold the elements */
  pipeline = gst_element_factory_make ("pipeline", "pipeline");
  g_assert (pipeline != NULL);

  /* create a disk reader */
  filesrc = gst_element_factory_make ("filesrc", "disk_source");
  g_assert (filesrc != NULL);
  g_object_set (G_OBJECT (filesrc), "location", argv[1], NULL);

  /* and an audio sink */
  osssink = gst_element_factory_make ("osssink", "play_audio");
  g_assert (osssink != NULL);

  decode = gst_element_factory_make ("mad", "decode");
  g_assert (decode != NULL);

  /* add objects to the main pipeline */
  gst_bin_add_many (GST_BIN (pipeline), filesrc, decode, osssink, NULL);

  gst_element_link_many (filesrc, decode, osssink, NULL);

  /* write the pipeline to stdout */
  gst_xml_write_file (GST_ELEMENT (pipeline), stdout);

  /* write the bin to a file */
  gst_xml_write_file (GST_ELEMENT (pipeline), fopen ("xmlTest.gst", "w"));

  exit (0);
}

    

上のコードの中で最も重要なのは、次の行です。


  gst_xml_write_file (GST_ELEMENT (pipeline), stdout);
    

gst_xml_write_file () は、指定されたエレメントを xmlDocPtr に変換し、これをフォーマットしてファイルに保存します。ディスクに保存するには、2番目の引数に fopen(2) で返された値を指定します。

エレメント間のパッドのリンクやエレメントのパラメータとともに、完全なエレメントの階層構造が保存されます。GStreamer の将来のバージョンでは、シグナルも XML ファイルに保存できるようになります。