V. 付録

これまでのパートで、GStreamer の内部や GStreamer フレームワークを使ったアプリケーションプログラミングについては、すべて説明を終えました。ここでは、GStreamer を使って本格的なアプリケーションプログラミングを行う場合に役立つさまざまなことがらを取り上げます。具体的には、広く使われているデスクトップ環境 (GNOME、KDE、OS X、Windows) との統合について説明するほか、GStreamer 付属のアプリケーションによって開発を効率化する方法、デバッグの方法などについても簡単にふれます。

また、GStreamer-0.8 アプリケーションを GStreamer-0.10 に対応させるための移行の方法についても、簡潔に説明します。