19.2. decodebin

decodebin は、前の項で取り上げた playbin の実際のオートプラッガバックエンドです。簡単に言えば、decodebin は、自身のシンクパッドにリンクされたソースから入力を受け取り、ストリームに含まれているメディアの種類の認識を試み、各メディアの種類に応じてデコーダルーチンをセットアップします。デコーダは decodebin が自動的に選択します。デコードされた各ストリームに対し、decodebin は "new-decoded-pad" シグナルを送信し、新しく見つかったデコード済みストリームについてクライアントに通知します。不明なストリーム (ストリーム全体がそうであることもあります) の場合には、"unknown-type" シグナルを送信します。このとき、エラーをユーザーに報告するのは、アプリケーションの役割になります。


#include <gst/gst.h>

[.. my_bus_callback をここに記述 ..]

GstElement *pipeline, *audio;

static void
cb_newpad (GstElement *decodebin,
	   GstPad     *pad,
	   gboolean    last,
	   gpointer    data)
{
  GstCaps *caps;
  GstStructure *str;
  GstPad *audiopad;

  /* only link once */
  audiopad = gst_element_get_static_pad (audio, "sink");
  if (GST_PAD_IS_LINKED (audiopad)) {
    g_object_unref (audiopad);
    return;
  }

  /* check media type */
  caps = gst_pad_get_caps (pad);
  str = gst_caps_get_structure (caps, 0);
  if (!g_strrstr (gst_structure_get_name (str), "audio")) {
    gst_caps_unref (caps);
    gst_object_unref (audiopad);
    return;
  }
  gst_caps_unref (caps);

  /* link'n'play */
  gst_pad_link (pad, audiopad);

  g_object_unref (audiopad);
}

gint
main (gint   argc,
      gchar *argv[])
{
  GMainLoop *loop;
  GstElement *src, *dec, *conv, *sink;
  GstPad *audiopad;
  GstBus *bus;

  /* init GStreamer */
  gst_init (&argc, &argv);
  loop = g_main_loop_new (NULL, FALSE);

  /* make sure we have input */
  if (argc != 2) {
    g_print ("Usage: %s <filename>\n", argv[0]);
    return -1;
  }

  /* setup */
  pipeline = gst_pipeline_new ("pipeline");

  bus = gst_pipeline_get_bus (GST_PIPELINE (pipeline));
  gst_bus_add_watch (bus, my_bus_callback, loop);
  gst_object_unref (bus);

  src = gst_element_factory_make ("filesrc", "source");
  g_object_set (G_OBJECT (src), "location", argv[1], NULL);
  dec = gst_element_factory_make ("decodebin", "decoder");
  g_signal_connect (dec, "new-decoded-pad", G_CALLBACK (cb_newpad), NULL);
  gst_bin_add_many (GST_BIN (pipeline), src, dec, NULL);
  gst_element_link (src, dec);

  /* create audio output */
  audio = gst_bin_new ("audiobin");
  conv = gst_element_factory_make ("audioconvert", "aconv");
  audiopad = gst_element_get_static_pad (conv, "sink");
  sink = gst_element_factory_make ("alsasink", "sink");
  gst_bin_add_many (GST_BIN (audio), conv, sink, NULL);
  gst_element_link (conv, sink);
  gst_element_add_pad (audio,
      gst_ghost_pad_new ("sink", audiopad));
  gst_object_unref (audiopad);
  gst_bin_add (GST_BIN (pipeline), audio);

  /* run */
  gst_element_set_state (pipeline, GST_STATE_PLAYING);
  g_main_loop_run (loop);

  /* cleanup */
  gst_element_set_state (pipeline, GST_STATE_NULL);
  gst_object_unref (GST_OBJECT (pipeline));

  return 0;
}
    

playbin と同じく、decodebin は以下のような機能を備えています。

decodebin は優れたオートプラッガですが、自動では行わないことや、処理することを意図していないこともたくさんあります。具体的には、以下のとおりです。

"decodebin" は、たとえば gst-launch-0.10 filesrc location=file.ogg ! decodebin ! audioconvert ! audioresample ! autoaudiosink のようなコマンドを実行することで、コマンドラインで簡単にテストすることができます。

新しいアプリケーションでは、古い decodebin の代わりに decodebin2 を使う必要があります。

uridecodebin エレメントは decodebin2 とよく似ていますが、同じなのは、与えられた URI のプロトコルに基づいて自動的にソースプラグインをつなぐところだけです。