4.2. GOption インタフェース

次の例のように、GOption テーブルを使って独自のパラメータを初期化することもできます。

例 4-2. GOption インタフェースを使った初期化


#include <gst/gst.h>

int
main (int   argc,
      char *argv[])
{
  gboolean silent = FALSE;
  gchar *savefile = NULL;
  GOptionContext *ctx;
  GError *err = NULL;
  GOptionEntry entries[] = {
    { "silent", 's', 0, G_OPTION_ARG_NONE, &silent,
      "do not output status information", NULL },
    { "output", 'o', 0, G_OPTION_ARG_STRING, &savefile,
      "save xml representation of pipeline to FILE and exit", "FILE" },
    { NULL }
  };

  /* we must initialise the threading system before using any
   * other GLib funtion, such as g_option_context_new() */
  if (!g_thread_supported ())
    g_thread_init (NULL);

  ctx = g_option_context_new ("- Your application");
  g_option_context_add_main_entries (ctx, entries, NULL);
  g_option_context_add_group (ctx, gst_init_get_option_group ());
  if (!g_option_context_parse (ctx, &argc, &argv, &err)) {
    g_print ("Failed to initialize: %s\n", err->message);
    g_error_free (err);
    return 1;
  }

  printf ("Run me with --help to see the Application options appended.\n");

  return 0;
}

      

上のコードに示したように、GOption テーブルを使ってアプリケーション固有のコマンドラインオプションを定義し、このテーブルを関数 gst_init_get_option_group から返されたオプショングループと一緒に GLib 初期化関数に渡すことができます。この場合、GStreamer 標準のオプションに加えて、アプリケーションのオプションも解析されます。