「インフォサイエンス」について

インフォサイエンスの原点 ―― システム運用

 インフォサイエンスの「原点」。

 それが1995年の創業時から現在に至るまで主力事業であり続ける、「システム運用」です。
 企業向けにインターネットサーバーの運用を受託したことからインフォサイエンスの歴史がスタートしました。

 なぜ、開発ではなく運用を起点としたのか。
 それは、お客さまの立場に立った上で、システムという存在を眺めてみると、「今あるシステムをいかに有効に活用するか」ということが何にも増して大切であることが分かったから。

 たとえシステム開発会社に新たなシステム開発を依頼し、念願のシステムを手に入れたとしても、その複雑さゆえに機能を使いこなせていない例や、仕様変更に伴うシステム改修をはじめとしたきめ細やかなフォローが受けられないがためにシステムの恩恵を十分に享受できていない例などをいくつも見てきました。

 周知の通り、システム開発におけるコストは決して安いものではありません。“会社の命運をかけて投資を行う”といったケースも少なくはありません。

 「高いお金を払って手に入れたシステムを企業活動に活用し切れていない、というのは悲劇にほかならない」そう私たちは考えるに至り、オープンソース、商用インターネットの活用とともに、サーバの運用を任せていただくことを重要視し、これをビジネスの起点としたのです。

「システムを成長させる」という発想

 めまぐるしく変化する現代社会にあって、何年も先のビジネスを見通すのは至難の業だと言えるでしょう。先行き見えぬ経済動向、慢性的な政治不信、加速の続くグローバル化など、世はまさに変革の時代。すべてがめまぐるしく変化し続けています。

 インターネットの世界にも同様のことが言えます。インターネットとそれを取り巻くシステムの将来像をはっきりと明察し、時代性にマッチした理想的なシステムを開発することはまず不可能です。何よりも、あらゆる状況がめまぐるしく変化する現代においては、たとえ理想的なシステムを作れたとしても、1年も経たずに陳腐化してしまうでしょう。

 そうした状況を踏まえて私たちが導き出した答えの一つが、「システムは、運用する中で刻々と変化するユーザーニーズを的確に反映させながら“育てていくもの」というものでした。

 インフォサイエンスでは、単にシステムの運用のみにととまらず、システムを運用するなかでお客さまのビジネスの変化に呼応し、新たな機能の追加や改善を加えつつ“システムを成長”させていく、というスタイルのシステムサービスを展開しています。

 いわばシステムの開発と運用を融合させた第三のシステムサービス。

 インフォサイエンスでは、このスタイルを「D(Development)×D(Datacenter)ソリューション」と名付け、自らの技術の柱としています。

 D×D、それはあたかも、植えた木を大切に育てて実を生らせ、それを収穫したあとも丹誠込めて木を育て続けることでより大きな収穫を得る……という、「樹」との付き合いに似ていると思いませんか?

 そうやって開発と運用の両輪がしっかり同期して回転することにより、システムは進化し、それを使う人々に大きなメリットを提供することができるようになるのです。

システム運用という“基盤”があるからこそ

 インフォサイエンスは、創業以来運用へのこだわりを持ち続け、そこから生まれるD×Dソリューションによってお客さまに確かなメリットを提供してきました。
 その願いは一つ。
 「お客さまとの信頼関係を、より長く確かなものとしていきたい」という思いです。

 同時にD×Dソリューションは、インフォサイエンスに強く堅い基盤をもたらせてくれてもいます。ちょっとやそっとでは揺るがない頑丈な基盤があるからこそ、オープンソースの探求、パッケージソフトをはじめとしたオリジナルプロダクトの開発など、新たな試みにも積極的に挑戦していくことができる ―― これからもインフォサイエンスは、D×Dソリューションを軸に、お客さまにより大きな価値を提供するための技術を追求していきたいと思っています。

インフォサイエンスホームページはこちら