メタデータの末尾に移動
メタデータの先頭に移動

ステップ 1: サンプルを見る

Apache MyFaces は初めてというユーザーは、まずサンプルアプリケーションを見ることをお勧めします。以下に示すリンク (Irian Solutions GmbH の好意でホスティングされています) では、MyFaces を使って実行されているデモアプリケーションを見ることができます。

サンプルアプリケーションは手元にデプロイできます。次に示す手順に従えば、アプリケーションを動作させることができます。

ステップ 2: MyFaces Tomahawk サンプルアプリケーションをデプロイする。

最も簡単なサンプルは tomahawk にバンドルされているものです。これは、MyFaces プロジェクトの初期に MyFaces Core にバンドルされていたサンプルアプリケーションです。

サンプルアプリケーションを動作させるのに必要なもの

  • Apache Tomcat などの Web サーバー。サンプルは 5.x、6.x、または 7.x の Tomcat で動作しますが、JSF 1.2 以降のバージョンでは Tomcat 6.x 以上が必要であることに注意してください。Tomcat はここからダウンロードできます。
  • Tomahawk のダウンロードページから webapps アセンブリ (tomahawk-examples-X.X.X.zip または tomahawk-examples-X.X.X.tgz) をダウンロードします。

サンプルのインストールと実行

  • MyFaces サンプルのアーカイブ tomahawk-examples.X.X.X.zip (または tomahawk-examples-X.X.X.tgz) を適当なディレクトリに解凍します。
  • 以前にインストールした MyFaces の webapps があれば、Tomcat のインストール先から削除し、Tomcat の work ディレクトリをクリーンアップします。また、classpath 内または Tomcat の lib ディレクトリのいずれかに jsf-api.jar や jsf-impl.jar (すなわち Sun の API および実装) が存在していないことを確認してください (Tomcat 5.x の場合は common/lib または shared/lib を、Tomcat 6.x または 7.x の場合は /lib ディレクトリを調べてください)。
  • Tomcat のインストール先の webapps ディレクトリにファイル myfaces-example-simple.war (またはその他のサンプル war ファイル、JSF 2.0 の場合は myfaces-example-simple20.war) をコピーし、古い MyFaces サンプルのディレクトリが残っていないかどうかもう一度確認します。
  • Tomcat をまだ実行していない場合は Tomcat を実行します。
  • ブラウザで http://localhost:8080/myfaces-example-simple20[-X.X.X] にアクセスします。

独自の Web アプリケーションでの MyFaces の使用

推奨手順:

  • 使用するサーブレットコンテナとの互換性に関する情報を MyFaces wiki でチェックする。

MyFaces を使った開発を始めるには 3 つ方法があります。このうち、推奨されるのは myfaces archetype を使う次の方法です。

  • Maven をダウンロードしてインストールする。
  • 利用可能な archetype を使って mvn archetype:create を実行する。詳細については、ここ[次のスタートガイド]を参照してください。

2 つ目の方法は、サンプルアプリケーションを出発点として利用する方法です。

  • 簡単にすませるには、サンプルを動作させるときにダウンロードした tomahawk-examples-X.X.X.zip を用意し、myfaces-examples-blank-X.X.X.war ファイル (MyFaces バイナリ) を取り出します。
  • myfaces-examples-blank-X.X.X.war ファイルの名前を myfaces-examples-blank-X.X.X.zip に変更し、このファイルを解凍すれば、MyFaces アプリケーションの作成に利用できるディレクトリ構造が作成されます。

3 つ目の方法は、core 実装と tomahawk をダウンロードし (tomahawk のダウンロードは、リファレンス実装と tomahawk コンポーネントを使用する場合には必要ですが、MyFaces だけを使用する場合は不要です)、これをもとに開発を始める方法です。

  • 最新の MyFaces バイナリリリースをダウンロードします。必要に応じて実装部分 (すなわち core) だけをダウンロードするか、または実装と Tomahawk の両方をダウンロードします。
  • すべての *.jar ファイルを WEB-INF/lib ディレクトリにコピーします。一部の jar ファイルは省略可能です。詳細については、http://myfaces.apache.org/impl/dependencies.html および http://myfaces.apache.org/tomahawk/dependencies.html を参照してください。[訳注:MyFaces のバージョンに応じて http://myfaces.apache.org/core20/myfaces-impl/dependencies.html などを参照してください。]

必要なパッケージをダウンロードしてプロジェクトの階層構造をセットアップしたら、次の操作を行います。

  • classpath 内またはコンテナの共有ライブラリディレクトリ (Tomcat の場合は common/lib、shared/lib など) に jsf-api.jar (すなわち Sun の API 実装) が存在していないことを確認します。
  • 作成する Web アプリケーションの web.xml ファイルを構成します (例とドキュメントについては、conf/web.xml を参照してください)。
  • 以下の行を JSP に追加します。
        <%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>

        <%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f"%>

独自の Web アプリケーションでの MyFaces Tomahawk の使用

  • MyFaces 実装を使用しない場合は、tomahawk.jar ファイルとその依存ライブラリ (上記を参照) を Web アプリケーションのディレクトリにコピーします。
  • MyFaces Tomahawk を使用できるように、以下の行を JSP に追加します。
        <%@ taglib uri="http://myfaces.apache.org/tomahawk" prefix="t"%>

        <%@ taglib uri="http://myfaces.apache.org/wap" prefix="wap" %>

JSF を使うためのチュートリアル

Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label?Just start typing.