Neo4j マニュアル v1.3

License: Creative Commons 3.0
改訂履歴

目次

はじめに
1. 対象読者
2. Neo4j の特徴
I. リファレンスドキュメント
1. インストールとデプロイ
1.1. デプロイのシナリオ
1.2. システム要件
1.3. インストール
1.4. アップグレード
1.5. Usage Data Collector
2. 構成とパフォーマンス
2.1. Neo4j のキャッシュ
2.2. JVM の設定
2.3. 短い文字列の圧縮格納
3. トランザクション管理
3.1. 対話サイクル
3.2. 独立性レベル
3.3. デフォルトのロック動作
3.4. デッドロック
3.5. 削除セマンティクス
4. Neo4j Server
4.1. Server のインストール
4.2. Server の構成
4.3. リモートデバッグ用のセットアップ
4.4. ハイアベイラビリティモードでの Neo4j Server の起動
4.5. サーバープラグイン
4.6. サーバーパフォーマンスのチューニング
4.7. アンマネージド拡張機能
5. インデクシング
5.1. はじめに
5.2. 作成
5.3. 削除
5.4. 追加
5.5. 削除
5.6. Update
5.7. 検索
5.8. リレーションのインデックス
5.9. スコア
5.10. 構成とフルテキストインデックス
5.11. Lucene インデックス用の追加機能
5.12. バッチ挿入
6. グラフアルゴリズム
6.1. はじめに
6.2. 経路探索のサンプル
7. ハイアベイラビリティ
7.1. アーキテクチャ
7.2. セットアップと構成
7.3. Neo4j HA の動作のしくみ
8. 運用
8.1. バックアップ
8.2. セキュリティ
8.3. 監視
II. ツール
9. Web 管理
9.1. [Dashboard]タブ
9.2. [Data]タブ
9.3. [Console]タブ
9.4. [JMX]タブ
10. Neo4j シェル
10.1. シェルの起動
10.2. オプションと引数の渡し方
10.3. enum オプション
10.4. フィルタ
10.5. ノードのタイトル
10.6. コマンドの使い方
10.7. シェルの拡張: 独自のコマンドの追加
III. トラブルシューティング
11. トラブルシューティングガイド
12. コミュニティガイド
A. マニュアルページ
neo4j — Neo4j Server control and management
neo4j-shell — a command-line tool for exploring and manipulating a graph database
neo4j-coordinator — Neo4j Coordinator for High-Availability clusters
neo4j-coordinator-shell — Neo4j Coordinator Shell interactive interface

図目次

4.1. Neo4j Coordinator MBeans の表示
7.1. Typical setup when running multiple Neo4j instances in HA mode
8.1. Connecting JConsole to the Neo4j Java process
8.2. Neo4j MBeans View
9.1. Web Administration Dashboard
9.2. Entity charting
9.3. Status indicator panels
9.4. Browsing and manipulating data
9.5. Manipulating data with Gremlin
9.6. JMX Attributes

表目次

1.1. Neo4j のデプロイオプション
2.1. ヒープサイズに関するガイドライン
4.1. neo4j-wrapper.conf JVM チューニングプロパティ
5.1. Lucene indexing configuration parameters
7.1. HighlyAvailableGraphDatabase configuration parameters
8.1. MBeans exposed by the Neo4j Kernel
8.2. MBean Memory Mapping
8.3. MBean Locking
8.4. MBean Transactions
8.5. MBean Cache
8.6. MBean Configuration
8.7. MBean Primitive count
8.8. MBean XA Resources
8.9. MBean Store file sizes
8.10. MBean Kernel
8.11. MBean High Availability