1. 対象読者

マニュアルは、アーキテクト、管理者、開発者、運用担当者が参照するのに適したトピックを取り上げています。マニュアルを読むにあたっては、Neo4j のことをすでに知っていて、グラフを使ってデータを保存できることが前提となります。Neo4j はまったく初めて、というユーザーは、まず http://neo4j.org を参照してください。