3.2. 独立性レベル

デフォルトでは、読み取り操作は、現在のトランザクション内にローカルな変更が存在する場合は別として、最後にコミットされた値が読み取られます。デフォルトの独立性レベル (分離レベル) は READ_COMMITTED に非常によく似ており、読み取りはブロックされることもロックを取得することもないので、繰り返し不可の読み込みが起こる可能性があります。読み書きロックを手動で取得することで、より高い独立性レベル (REPETABLE_READSERIALIZABLE など) を実現することもできます。