Neo4j について

Neo4j は、小さいながらも非常に優秀なスウェーデンのソフトウェア会社、Windh Technologies のインハウス技術として開発されました。Windh Technologies は、主に公共部門と防衛産業向けにエンタープライズコンテンツマネジメントサービスの開発と販売を行っています。Windh Technologies のスタッフは過去数年にわたり、リレーショナルの壁に阻まれて前に進みあぐねていましたが、その壁を打破して問題を一挙に解決することを目指し、とある製品の開発に着手しました。

こうして 2000 年に構想されたのが Neo4j です。その後 1 年をかけ、ボンベイのインド工科大学との協力の下、プロトタイプが開発されました。2002 年初頭、Neo4j の現在のイテレーションが開発され、それからざっと 1 年後に、Neo を土台とする最初のアプリケーションが実働環境で動き出しました。

4 年後の 2006 年終わりに、Neo4j ソフトウェアはスピンオフして Neo Technology という別会社で開発されることになり、Neo4j はデュアルライセンスモデルの下でフリーソフトウェアとしてリリースされました。

現在の開発チームについては、こちらのページをご覧ください。

Updated: Feb 16, 2010