概要

Neo4j とは

Neo4j は、グラフのノードとリレーションにデータを格納するグラフデータベースです。グラフは、数あるデータ構造の中でも最も汎用的なデータ構造であり、ドメインの本来の構造を保持しながら、あらゆる種類のデータをエレガントに表現することができます。

Neo4j には次のような特徴があります。

  • 直観的にわかりやすいグラフ指向モデルをベースとしたデータ表現。操作対象は、静的で硬直したテーブル・行・列ではなく、ノード、リレーション、プロパティから構成される柔軟なグラフネットワーク。
  • パフォーマンスとスケーラビリティを最大限に発揮できるよう、グラフ構造の格納に合わせて徹底的に最適化されたディスクベースのネイティブストレージマネージャ。
  • 圧倒的なスケーラビリティ。Neo4j は、単一マシン上で数十億のノード/リレーション/プロパティから構成されるグラフを扱うことができるほか、シャーディングによって複数のマシン上でスケールアウトすることができます。
  • ノード空間内での高速なトラバーサルを実現する強力なトラバーサルフレームワーク。
  • フルサーバーとしても、また非常にスリムな組み込みデータベースとしてもデプロイ可能。
  • シンプルで使いやすいオブジェクト指向 API。

もちろん、Neo4j は通常のデータベースが備えている機能、すなわち ACID トランザクション、持続的永続性 (durable persistence)、並行処理制御、トランザクションリカバリ、ハイアベイラビリティなど、エンタープライズレベルのデータベースに期待されるあらゆる機能も併せ持っています。

Updated: Apr 21, 2011