目次

    Red5 インストールガイド


    必要なもの
    1. Red5 では、Java 1.6 またはそれ以降が必要です。これ以前のバージョンの Java はサポートされなくなりました。
    CentOS 5.5 で Java 1.6.0 をインストールするには、次のコマンドを実行します。

    yum -y install java-1.6.0-openjdk java-1.6.0-openjdk-devel
    

    Debian 5 (Lenny) で Java 1.6.0 をインストールするには、次のコマンドを実行します。

    aptitude install sun-java6-jdk
    

    2. ソースからバージョン 0.9.1 をビルドするには、 ivy ant も必要です。
    Debian 5 (Lenny) で ant と ivy をインストールするには、次のコマンドを実行します。

    aptitude install ant subversion
    svn co https://svn.apache.org/repos/asf/ant/ivy/core/trunk ivy
    cd ivy
    ant jar
    cp build/artifact/jars/ivy.jar /usr/share/ant/lib/
    

    ソースのチェックアウト
    バージョン 0.9.1 をチェックアウトするには、次のようにします。

    svn co http://red5.googlecode.com/svn/java/server/tags/0_9_1 red5-0.9.1.svn 
    

    コマンドラインでのコンパイル
    Red5 のソースをビルドするには、Red5 のソースディレクトリのコマンドラインで次のコマンドを実行するだけです。

    ant clean dist
    

    構成と起動
    構成ファイルについては、 こちらで説明しています。
    dist/red5.sh で Red5 を起動します。

    "xml" ファイルが見つからないという内容のエラーが発生した場合は、次のように、red5 の "dist" フォルダに移動してから red5 サーバーを実行してください。

    cd dist
    red5.sh
    


    Red5 アプリケーションを開発するときは、Red5Plugin を使うことを推奨します。

    添付ファイル