Red5Plugin/CreatingRed5Projects

Red5 プラグインを使った Red5 プロジェクトの作成

ここでは、Red5 プラグインを使って新しい Web プロジェクトを作成するためのセットアップ構成例を示します。

手順 1:
[Dynamic Web Project] の選択

動的 Web プロジェクトの新規作成


手順 2:
Web プロジェクト名の指定

Red5 プラグインを使ったプロジェクトのセットアップが初めての場合は、[Target Runtime] を作成する必要があります。現在の表示は [<None>] です。[Target Runtime] の横の [new] ボタンをクリックします。

手順 3:
新規 Red5 サーバーランタイム

[Red5 Server Runtime] を選択し、[Next] をクリックします。

手順 4:
Red5 サーバーランタイムのセットアップ

[JVM 1.6.0] を選択し、Red5 をインストールしたディレクトリを [Runtime Directory] に入力して [Finish] をクリックします。

手順 5:
構成された Web プロジェクト

[Finish] をクリックします。

手順 6:
サーバーの新規作成

[Servers] タブを表示します。右クリックし、[New]、[Server] の順にクリックします。

手順 7:
Red5 サーバーランタイムの構成 手順 1

"localhost" はそのままで OK です。[Red5 Server Runtime] を選択します。[Next] をクリックします。

手順 8:
Red5 サーバーの構成 手順 2

上の手順 4 で設定したとおりにディレクトリを構成します。[Next] をクリックします。

手順 9:
作成した Web プロジェクトのサーバーへの追加

[Available Projects] に表示されている、作成したプロジェクトを選択し、[Add] をクリックします。プロジェクトは [Configured Projects] に表示されます。[Finish] をクリックします。

手順 10:
更新された [Servers] タブ

Red5 サーバーランタイムが構成され、[Servers] タブに表示されるはずです。作成したプロジェクトも表示されるはずです。

手順 11:
デバッグサーバーの起動

[Red5 Server Runtime at localhost] を右クリックして [Debug] を選択すると、デバッグモードでサーバーを起動できます。Eclipse はアプリケーションを red5 にパブリッシュし、次に red5 を起動します。Red5 が起動すると、コンソールが表示されるはずです。

添付ファイル